28歳独身女ですが、婚活を始めるのを迷っています。というのも、胸が無くて肌が汚いことに強いコンプレックを持っていて、男性にどう思われるか怖いからです。でも、そんな私が婚活をスタートすることを決めて出来事がありました。

胸が無くて肌が汚い私が結婚できた方法

結婚の大切な話をするタイミング

結婚の話をするカップル

結婚相談所を介して何度かデートを重ね結婚を意識するようになったら大切な話をしたり確かめておかなければならない話があったりします。

それは親のこと、仕事のこと、家事のこと、住まいのこと、お金のこと、持病のこと、宗教のことなど様々です。

これらの考え方が違うと結婚生活が上手くいかなくなります。

これらの話は結婚を考える上で避けて通ることが出来ない話です。

しかしこの話を切り出すタイミングが結構難しいものと言えます。

これは結婚相談所で婚活を行っているすべての人に関係のある問題でもあります。


結婚相談所を介して知り合った以上、お互いの最終目標は結婚ということになります。

しかし、大切なことと分かっていても知り合って間もない人に親との同居の話や子供の話をするのは気が引けるものです。

まずはきっかけを見つけて軽い話題から深い話へと展開していってみましょう。

例えば、親の介護や同居について質問したい場合はまず友人の話から始めてその中の友人の一人が親の介護で悩んでいるような話に持っていきます。

そして自分にもその可能性があること、もしくは相手にその可能性があるかを質問してみましょう。

また、結婚後の仕事に関してもまず自分の仕事の話をしてから相手の話を聞きます。

そして相手が女性なら結婚後仕事はどうするつもりなのか聞いてみましょう。

このように段階を踏んで話を進めていけば深い話も出来ると思います。


また深い話をするのは3回目以降のデートの際に行うと良いでしょう。

最初のデートのうちから深い話にもっていくとデート自体が気まずくなることになるので注意してください。


?